head

製品

高純度グラファイトモールド


製品の詳細

従来の複合金型は通常、金属でできています。しかし、金型製作とその使用目的の観点から、これらのタイプの金型は複雑な形状を取り、複合材料で作業するのが困難です。これは、金型自体と内部に配置された材料との間の熱膨張係数に互換性がないためです。したがって、グラファイトは、その望ましい物理的および化学的特性のために、金型製造の最初の選択肢として浮上しています。Jitaiは、お客様の部品ごとの価格を大幅に下げることができる、膨大な範囲のカスタム高純度グラファイトモールドを販売しています。

 

グラファイトは、次の特性を持つ炭素元素の結晶形です。

1.優れた熱伝導率と電気伝導率。

2.化学的腐食に耐性があり、さまざまな金属と容易に反応しません

3.低い熱膨張係数と良好な熱安定性

4.理想的な潤滑性と耐摩耗性

5.極度の熱で良好に機能します(ほとんどの銅金属マトリックスの焼結温度は800℃を超えています)。温度上昇と同時に強度が上昇します

6.優れた加工性能で、複雑な形状の金型や高精度が要求される状況で使用できます。

1.非鉄金属の連続および半連続鋳造に使用されます。優れた熱伝導率と材料の自己潤滑性により、インゴットのサイズは正確に保たれ、表面は滑らかに保たれ、結晶構造は何度も焼成された後も均一に保たれます。これにより、キャスト速度を上げることができ、次のプロセスをすぐに開始できます。これにより、歩留まりと製品品質が大幅に向上します。

2.圧力鋳造用金型:人工黒鉛は非鉄金属の圧力鋳造に使用されています。例えば、人工黒鉛材料の圧力鋳造金型で製造された亜鉛合金および銅合金の鋳造品は、自動車部品で頻繁に使用されます。

3.遠心鋳造用黒鉛型:黒鉛型は遠心鋳造にうまく利用されています。米国企業は、25mmを超える肉厚の人工黒鉛型を使用して、青銅のブッシュ、ブッシング、およびスリーブを遠心鋳造しました。

4.ホットプレス金型:ホットプレス金型に使用される人工黒鉛には、超硬合金の加圧焼結に2つの特徴があります。

A)プレス時の温度を1350〜1450℃に上げると、必要な単位圧力を金型が冷えた場合の1/10に下げることができます。 

B)プレスと加熱を同時に行うことで、短時間の焼結で緻密な焼結体が得られます。

5.ガラス成形用金型:グラファイト材料は、ガラスを扱うための不可欠な金型材料になりました。ガラス管、エルボ、漏斗、その他のさまざまな形状の型を作るために使用できます。

6.焼結金型およびその他のダイヤモンド焼結金型:人工黒鉛の熱膨張が小さいため、トランジスタ用の焼結金型およびブラケットを製造できます。現在では広く使用されており、半導体産業の発展に欠かせない素材となっています。

一般的に使用される金型加工材料と複合材料の性能比較

素材

かさ密度

g / cm3

熱膨張係数

10-6/℃

黒鉛

1.7

2.7

アルミニウム

2.7

23

7.86

12

炭素繊維/エポキシ

1.6

0〜2.7

ガラス繊維/エポキシ

1.9

12.6〜23

 


  • 前:
  • 次:

  • 製品タグ

    ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください

    関連製品